FreeBSD 6.1-R, Mac OS X 10.4/i386 用バイナリ (http://startide.jp/freebsd/qtopia/binaries/) - 削除

[ サイトトップ | 上へ | 編集 | 一覧・作成 ]
円周率を小数点以下二桁まで入力してください:


このページを削除します。

シャープ, Trolltech が供給するツールの展開

ツールチェインの入手

[[シャープの開発者向けページ:http://developer.ezaurus.com/sl_j/tool/tools.htm]]からクロスコンパイラ、ライブラリ、ヘッダファイル、ユーティリティを取得します。

ツールチェインの展開 [#fb56a91b]

パッケージは RPM で供給されているので、rpm2cpio と cpio を使って展開します。Linux 版ツールチェインのインストール先は /opt 以下ですが、今回は /usr/local/zaurus 以下にインストールすることにします。

# foreach i ( *.rpm ) foreach? rpm2cpio $i | cpio -id foreach? end # find opt -type d | xargs chmod go+rx # mkdir -p /usr/local/zaurus # mv opt/Embedix /usr/local/zaurus

Qtopia 1.5.0 (free版) の入手 [#u67609db]

Trolltech から Linux 用コンパイル済 RPM を入手します。

Qtopia の展開 [#i77d08b6]

# rpm2cpio qtopia-free-1.5.0-1.i386.rpm | cpio -id # find opt -type d | xargs chmod go+rx # mv opt/Qtopia /usr/local/zaurus

FreeBSD 6.1-R, Mac OS X 10.4/i386用バイナリ

FreeBSD / Mac OS X 用バイナリの展開 [#t22fd022]

FreeBSD 6.1-RELEASE/i386 [#g35ebade]

FreeBSD 版のバイナリには Qtopia のネイティブ版ライブラリと実行環境が含まれており、アプリケーションをホスト上で動作するようにビルドすることができます。

ただし、ビルドに使えるコンパイラは GCC 2.95.2 に限定されるため、前もって ports の GCC 2.95.2 をインストールしておきます。

# cd /usr/ports/lang/gcc295 # make install # cat <somewhere>/zaurus-freebsd-6.1-i386.tgz | (cd /; tar xzf -)

Mac OS X 10.4/i386 [#f3f86f15]

# cat <somewhere>/zaurus-macosx-10.4-i386.tgz | (cd /; tar xzf -)

動作確認 [#s89c13fc]

Qtopia の example をターゲット (SL Zaurus) 向けにビルドします。

% cp -r /usr/local/zaurus/Qtopia/example .; cd example % env TMAKEPATH=/usr/local/zaurus/Qtopia/tmake/lib/qws/linux-sharp-g++ /usr/local/zaurus/Qtopia/bin/tmake -o Makefile example.pro % env PATH=/usr/local/zaurus/Embedix/tools/bin:$PATH QTDIR=/usr/local/zaurus/Qtopia/sharp make